たるみに効く美容液  たるみはなんで起きるの?

お肌がたるむ原因はお肌の中のハリを保つ成分が減少するため起きてしまいます。

 

具体的にはお肌の真皮層にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸がお肌のハリを保つ成分です。このコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減少することで、お肌がハリを失い、たるみの原因になります。

 

 

このコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は

 

 

  • 加齢
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 肌の乾燥
  • 紫外線の浴びすぎ
  • 乱れた食生活

 

が原因で減少すると言われています。

 

30代後半にもなればどれか1つは、むしろすべて当てはまっているという方も多いと思います。

 

ただし、これらを繰り返しているとどんなによい美容液や化粧品を使っていたとしてもなかなかたるみは取り戻せません。少しずつでも構いませんから生活の改善をしていきましょう。

たるみに効く美容液 キーワードは線維芽細胞

さきほどのハリを保つ成分であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は真皮層の線維芽細胞が絶えず作り出しています。ですので、たるみに効く美容液はこの線維芽細胞を活性化させる成分が配合されているものを選ぶことでハリを保つことができる、ということになります。

 

ちなみに、ヒアルロン酸が配合されている保湿美容液やコラーゲンドリンクなども、美容にいいということで、たくさんの化粧品やドリンクとして販売されていますよね。

 

ただ、これらの商品については、たるみに効くのは難しいと考えられています。

 

ヒアルロン酸など保湿成分は分子が大きいため、お肌の奥まで浸透するのはかなり難しいのです。ですので、ヒアルロン酸がある真皮層までヒアルロン酸は届くことなく、お肌の表面にとどまってしまいます。

 

またコラーゲンドリンクも100%効果がない、とは言わないまでも、低分子化の処理をされて低分子コラーゲン製品をかなりの長期に渡って摂取した場合に実感があるかもしれない、といったレベルのもののようです。

 

となると線維芽細胞を活性化する成分として最近人気があるのがグロースファクターです。

 

グロースファクターにも種類があるのですが、線維芽細胞を活性化するものとしてはFGF(線維芽細胞増殖因子)と呼ばれるものがあります。

 

このFGFは名前の通り、線維芽細胞を活性化する働きがあることがわかっています。

 

グロースファクターにも種類がたくさんあるので、たるみに効かせたい場合にはFGF配合のグロースファクターを使用するとたるみに対して効果を実感できるかもしれませんね。

 

たるみに効く美容液 おすすめはどれ?

たるみに効く美容液でおすすめはFGF配合の美容液。

 

とくにFGFだけでなく、お肌の表面のターンオーバーを促進して、表皮細胞を活性化させるEGFなども配合されている美容液であればなおさら良いですね。

 

そんな中で私がおすすめなのがリルジュ。

 

EGF、FGF、さらにこのEGF、FGFの効果をより高める働きのあるIGFも配合の美容液です。

 

リルジュはグロースファクターを肌の奥まで届けるためにあえて保湿成分を入れてません。

 

というのもヒアルロン酸などの保湿成分は分子が大きいため、肌の奥まで浸透が難しくなるんですね。

 

そうすると、グロースファクターも保湿成分同様、肌の奥に浸透せずに肌の表面にとどまってしまい、あまり意味がなくなってしまいます。

 

ですので、保湿成分を入れていないというわけです。

 

その他にも細胞と同じカプセルに入れて肌へまんべんなく浸透させるリポゾーム化など、単にグロースファクターが配合されているだけでなく、しっかりそのグロースファクターの効果を発揮されるように設計されているのが嬉しい美容液です。

 

でも自分の肌に合うかどうか心配・・・敏感肌でも大丈夫?など実際に使ってみないとなんともいえないと思います。

 

リルジュはサンプルなどはないものの、7日間のトライアルセットが999円と安心の価格でお試しできます。送料無料なのも嬉しいところです。

 

30代後半にもなるとどうしてもお肌のたるみはきになると思います。

 

どんな美容液を使えばいいのか迷っている方はリルジュのお試しをおすすめします。

 

⇒リルジュのトライアルセットはこちら